装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Category : 補修

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧軍サーベル拵えの修理

サーベルの柄がばらばら保存されていた物を足りない部品を足して、形にして欲しいとのこと。
古色は残してメッキなどはしない。
柄の撚り線はなくなり、鮫皮は汚れで真っ黒な状態でした。
先ずは鮫皮を掃除して仮組みし全体像を見る。
黄銅線を撚り合わせる。ツイスターが役立った。

121005-1.jpg

これは柄巻師の職域だよなぁ。道具から考えても。

121005-2.jpg

こんな感じ。どうしても緩んだりずれたりするところが出てきてしまいます。柄の下地がもうグズグズで本来なら、下地から作り直すべきなのですが、そのままでと言う注文なので。

121005-3.jpg

パーツを削りだし、

121005-4.jpg

鑞付け。青銅と黄銅の鑞付けは溶けそうで、気を遣います。

121005-5.jpg

駐爪完成。釦に桜を彫るべきかも知れない。

121005-6.jpg

欠損したネジの代用にステンレスネジをねじ込み、頭を飛ばして、マイナスを切り、芋捻子をつくる。

121005-7.jpg

修繕完了。新しい黄銅線が光って違和感がありますが、時間が解決するでしょう。

121005-8.jpg
スポンサーサイト

埋鉄

埋鉄を二振り
先ずは材料となる刀を三枚おろしに。
芯金は使えないので、皮鉄のみにする。コレが手間でね。
糸鋸でちょっとずつやるしかない。
110801-1.jpg

と、破片が二枚できる。
110802-1.jpg


地錵の良く付いた刀は色が合いにくい。
鉄の色は鉄自体の色(材料の砂鉄に依存か)と、堅さ(堅いと白く、柔らかいと黒い)、地錵や肌(地錵が付いている物は白い)
基本堅さを合わせていくのですが、地錵の付いた刀だと堅さ以外の要因が強くなり、色が合わないのです。また自分の埋鉄のストックに地錵の付いた物が少ないのも原因
結果、やはり埋めた鉄がやや黒く成る。肌を書くというか地錵を書いてやると色が合ってきます。コレは研師さんに頑張って貰うことになりますね。
110803-01.jpg


二振り目の刀はばっちり色も堅さも合いました。ちょっと仕上がりの写真がピンぼけですが。
110804-01.jpg


今日の刀剣の里村長ハナちゃん

狩猟なう
110802-2.jpg

喰ってます。
110802-3_20111012015524.jpg

埋鉄

できうる限り、鎬地のみで済ませたかったのだが、どうしても割れが平地にむかって進行している。
それでも最小限に押さえ込んで埋鉄。


110719-1.jpg

んん、やや柔らかかったか。
平地であれば、やり直しであるが、やり直すと疵が大きくなりかねない。
磨き棒をかける鎬地であれば、何とかなると、研師に回す。

埋鉄

埋鉄です。
肥前刀ですので非常に怖い。肥前刀は皮鉄が薄く傷が有る場合それが薄く広がっていることが非常に多く「肥前物には手を着けるな」といいます。
だいぶ現状で良いのではと勧めたのですが、是非にと


110704-1.jpg

鏨を入れると予想通り広がる。それを無理矢理止めて埋鉄。
このように長い埋鉄は端が反り返りやりにくいです。

下の部分は寄せで対処しようとしたのだが、やはり埋鉄
堅さは良くあっている。

非常に良い刀で見応えがあり、預かっている間、ずいぶん目を楽しませて戴きました。
その分、緊張です。手を着ける気力が湧くまでに時間がかかった。

樋、彫り直し

居合をされている方からの注文
歳を取ったので、もう少し軽くならないかと。かつ、研ぎ直しをしないで。

樋の形が悪いし、ムラがあるので、樋を彫り直す。
周りに傷を付けないように、ガッツリ養生して、樋を彫り始める。
樋を広げると不格好なので、肩を彫り込んで肉を減らす様に彫る。
深い樋なので、突き抜けないように、ゲージでちまちま計りながらの作業。

彫り直した後、砥石を掛けていく。本来なら研師さんの仕事なのですが。
磨き棒は上手く使えないので、砥の粉をどんどん小さくしながら、ペーストで仕上げる。

どうしても周りに砥の粉が付いてしまい、若干ヒケが着いてしまったし、樋の磨きもやはり本職のようにはいかない。
本来は彫り直しと研ぎ直しはセットです。

注文主が非常に満足してくれたので、良かったのですが。



今日の刀剣の里村長、ハナ

110621-1.jpg

一生懸命おめかし

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。