装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Date : 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し型

大寒 鶏始乳
鶏,始めてとやにつく
やや暖かくなってきましたね。







下地研ぎが終わり研師よりとどく。
早速、刀剣絵図(押型)を描く。
といっても、正式な絵図の書き方を学んでいません。
あくまで刀身彫刻の下絵を描くためのモノで、
正式な絵図とはちがい、刀の雰囲気を写し取るよりも正確な刃紋の高さを描くのが主眼です。
依って、本当は刃中の働きなどは必要ないのですが、まぁ雰囲気で
自分は6Bの鉛筆とクーピーを使っています。


彫りは全体に切下げをかけ、細かな所の修正と、肉置きを整える。
そののち上げ彫りにはいるのだが
雲の表現がうまくいかない。

うぬー
スポンサーサイト

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。