装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Date : 2010年04月

小柄下地



素銅の小柄下地を制作中。
ついでだからちょっと多めに下地を作っておこうと思う。
一番右の蝙蝠小柄は以前に作ったもの。




備前長船刀剣博物館にて4月28日よりテーマ展「江戸川柳と日本刀」が開催される。
川柳に詠われる刀剣、面白い企画だと思う。が!問題はその展示する短冊を職方に書けと!!!
勘弁してくれ!自分は字が汚くてすでに20年以上昔からワープロに移行しているのだ!
字に自信のある少数の職方以外はのたうち回ってる(笑)
詩は江戸時代の川柳を博物館が三口指定してくる
仕方がないので、草書でごまかそうと、まず草書フォントをダウンロードし、かなはテキトウにつなげる。
で、文字を書くのではなく、絵を模写するごとく書き写す。
まぁ何とか、形にはなった。
あるいみ刀身彫刻よりも苦しかった。
スポンサーサイト

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top