装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Date : 2011年08月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋鉄

埋鉄を二振り
先ずは材料となる刀を三枚おろしに。
芯金は使えないので、皮鉄のみにする。コレが手間でね。
糸鋸でちょっとずつやるしかない。
110801-1.jpg

と、破片が二枚できる。
110802-1.jpg


地錵の良く付いた刀は色が合いにくい。
鉄の色は鉄自体の色(材料の砂鉄に依存か)と、堅さ(堅いと白く、柔らかいと黒い)、地錵や肌(地錵が付いている物は白い)
基本堅さを合わせていくのですが、地錵の付いた刀だと堅さ以外の要因が強くなり、色が合わないのです。また自分の埋鉄のストックに地錵の付いた物が少ないのも原因
結果、やはり埋めた鉄がやや黒く成る。肌を書くというか地錵を書いてやると色が合ってきます。コレは研師さんに頑張って貰うことになりますね。
110803-01.jpg


二振り目の刀はばっちり色も堅さも合いました。ちょっと仕上がりの写真がピンぼけですが。
110804-01.jpg


今日の刀剣の里村長ハナちゃん

狩猟なう
110802-2.jpg

喰ってます。
110802-3_20111012015524.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。