装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Date : 2015年02月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丁子油について

昨夜の刀剣油の話に関連し、
Twitterのあましょくからこ氏 @karako の丁子油ツイートが勉強になったので、御本人に許可を取り、まとめます。
2015/02/18 16:33 〜 02/19 08:08 まで

日本刀のお手入れにも、衆道のお供にも優秀だというツイートがバズってる丁子油ですが、肌に塗った場合、加温作用があることにも注目したいところです。「あ…熱くなってきた…っ」ってやつです。あと、確認のためにぐぐったら「催淫作用がある」って紹介してるサイトも見かけた。丁子油はできるやつ。

いや、前に読んだ「日本人のお坊さんが仏教の勉強のために、当時まだ鎖国状態だったチベットを目指した決死行」の手記にね、寒くて体がまともに動かないのを、丁子油でマッサージして何とか凌ぐシーンが何度も出て来たんだよね。それで「あったかくなる」効能の印象はあったんだ。

丁子ってつまり、スパイスのクローブなんだけどさ、「クローブ 精油」でぐぐって出て来たサイトの紹介を鵜呑みにするなら「鎮痛、殺菌、抗菌、加温、催淫、刺激」って効能があって…これ本当に潤滑剤にお誂え向きだわ…そして思い出した。これぐぐるの2回目だ私…

いや、戦国モノの腐ネタを書こうとしたら、一度は出会うでしょ丁子油…どうやって解すんだろうとかぐぐって出会うでしょ…クローブの何がそんなに良かったのかってまたぐぐるでしょ…w
ほほー、クローブ(丁子)の香気の成分であるオイゲノールってのが生殖器に作用する、と言われてるのか。それで催淫作用。ほほう。

チベットに行こうとして、寒さを丁子油で凌いだ人の話はこちら。
/ 河口慧海「チベット旅行記」http://t.co/G1ESC23Pb0
「もうその冷たさがずっと身体に廻って参りまして少し震え気味になった。<中略>ふと思い付いた。かねて堺の岡村の丁子油を持って居る。これを塗るべしと思って早速丁子油の瓶を出して身体にも足にも塗りつけたです。幸い日が照って居るし油をぬり付けて摩擦したので身体も大分温かになったです。」

これだけで真冬の河をざぶざぶ渡る、とんでもないお坊さま…

刀の手入れに使う丁子油は、いわゆるクローブの精油ではなくて、椿油に丁子を漬け込んで香りを付けた程度のもので…って話だけど、それでいいんですよ。精油そのものを肌に付けたら刺激強すぎてひどいことになります。現代でも、精油は他のオイルで希釈してマッサージに用いるんですよ。念のため。

でもって、丁子(クローブ)の催淫作用は香気の成分に含まれるものなので、香り付け程度でじゅうぶんじゃないかと思います。誰かエッセンシャルオイルに詳しい人、詳細頼みます。私の知識じゃ足りない。

試しにクローブのオイルを買ってみたい、なんて方もいるみたいだから、ざっくり注意だけ行こう。「肌に付けていいのは希釈したエッセンシャルオイルだけ」。アロマオイルは芳香剤みたいなものなので不可。希釈剤(キャリアオイル)はホホバやナッツなどのものが手に入りやすいです。椿油でもOK。

クローブのエッセンシャルオイルは比較的刺激が強い方なので、希釈度は良く調べて、きちんと容量を守って使用すること。原液は絶対肌につけちゃダメ。また、人間には良い香り、良い効能があっても、ペットには良くない場合もあるので、それも良く調べた方が間違いがないです。

あれだ。ごちゃごちゃ書いたけど、使用上の注意は必ず守ってねー!ってやつだ。おしまい!
スポンサーサイト

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。