装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Date : 2015年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29のツイートまとめ

shigetsune

RT @gouyosihiro: 加州兼若の脇指。押形にすると箱乱れといわれる刃文の様子がよく分かります。2代目以降は、この箱乱れが、いかにも絵に描いたように角、角としてわざとらしくなります。これは関兼元等の三本杉の刃文も同じで代が下がるとわざとらしくなります。 https:/…
10-29 21:33

かまたきみこ氏の「KATANA 14巻」 #katana #刀剣裏表紙は自分の作品だったりする。買ってね! https://t.co/M3QYMGq5Tp
10-29 20:40

RT @kawamurakeishin: メモ。鮫皮の装飾的使用における歴史的展開https://t.co/tOTi41tigE鮫皮精義(1785-1800)https://t.co/6w12yBm0Sq
10-29 20:34

RT @kawamurakeishin: 鮫皮が何故刀の柄に使われているのかと言うと、柄糸の滑り止めというのは後付けで、当初から装飾目的であったらしい。そもそももとは欧州の刀剣装飾に使われていたことから日本でも輸入され、刀剣装飾に使用されてきたっぽい。様は海外文化の真似からはじ…
10-29 20:33

RT @kawamurakeishin: 渡巻や下地に牛の革を用いた例、鮫皮の短冊着せ技法などを考えても、滑り止めの為だけに輸入である鮫皮に依存していたとは考え難いと思う。むしろ鮫皮と糸巻の間に薄紙や菱紙を入れて接触を避けてクッション性を求めてるような節があるのだが、現存古物っ…
10-29 20:12

RT @kawamurakeishin: フグの表皮も「鮫皮」と言うらしい。いつ頃から言われはじめたのかわからないが、「サメ」とはフカ・エイのことではなく小目(さめ)のある皮という意味ではないかという某氏の考えは的を射ている気がする。若しかしたらフグももとは表皮の使用の試行錯誤…
10-29 20:12

肉を寄せて・・・・・・寄せて上げたものに騙される!  _  ∩ ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!  ⊂彡
10-29 19:02

RT @chima5121: コンビニ店員が思う団塊の世代の特徴①待たされるのが嫌、我慢弱い②店員の説明を聞かない、できないことをやらせようとする③店員やほかのお客の迷惑は考えないなど 自分優先※あくまで個人の感想です。 http://t.co/Rb5xpwaRuG
10-29 18:27

銘消し、錆びを落とす。 #katana #刀剣残念な事に刀剣には偽物が多くあります。製作者以外の刀工の銘を入れた偽ブランド品ですね。良い刀でも、偽銘が入っていると偽物です。銘を消して無銘の刀にしてやれば出来で評価される。 https://t.co/qPKWlCAJaq
10-29 17:27

RT @tatukoma1987: @_cannedbread 実際の所、その行動は麻薬みたいなもんで、『実際の問題解決にはクソの役にも立ってないどころか触れてすらいないが、(生産性の全くない)達成感だけはある』から止められない。ましてや、叩きやすい存在ですし。実在児童助けた…
10-29 17:13

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。