装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





注文にて樋をほっていました。
タガネで彫るのは大変です。刀鍛冶が使う蜻蛉鏟(とんぼせん)が欲しいです。
金工彫りの樋と言うことで、棟側の深い樋にします。

画像二枚目はちょっと強調していますが、上が普通に見られる樋で、下が良い刀に彫られている樋ですね。本来、樋はこのように彫るのがよいとされます。
研ぎ減ってきたときのことを想像するとわかるかとおもいます。

注文では刀の様な樋を頼まれていたのですが、脇差しには似合わないとおもいやや短くした。
長くしてくれと言われたら修正が効くが、短くは出来ないですからね。
刃渡りの真ん中までとの注文の護摩箸も合わせて短くする。


旧居の掃除をして、やっと明け渡す。
ぎりぎりだや
新居はまだ物置状態です。
片づいたらみなさま、遊びに来てくださいね。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/102-5e583262

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。