装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

松田刀匠

新作刀展のたびに松田刀匠の地金が素晴らしく、鎌倉期の古刀に近いと感じていました。
鎌倉期の刀の埋鉄の材料として使える!と思っていましたが、今まで松田刀匠をお見かけしても、若輩の自分では恐れ多くて、声を掛ける事が出来ませんでした。

今回、意を決して、地金を作って頂けないかと、失礼ながら頼んでみました。

話してみると非常に気さくな方で、作刀のお願いでもないのに、ご了承くださり、その上、どのような地金がよいのか実物を見て判断してくれとご自宅にご招待くださいました。

非常に立派な仕事場。立派な家、静かでよい環境のなか、ご自分の作刀された御刀を拝見させて頂く。
見事に乱れ映りの立った作品、刃中が白い古刀のような作品等々を鍛錬方法を詳しく説明してくださいました。
同じ作刀方法でも、靖国鋼と日刀保鋼の違いが結構大きい事に驚く。靖国鋼の地金の方が、ネットリとかつ澄んでいる。(やはり比重選鉱で無いとイケないのかなぁ)
丁度、短刀を作ろうとしていた地金があったと、非常に沢山戴く。

そのうえ、晩ご飯までごちそうになりました。
ありがとうございました。

古刀の埋鉄の仕事が来たときにはぜひ松田刀匠の地金を使って、埋鉄をして、その結果を報告がてら、御礼したいと思います。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/1025-101cec88

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top