装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

古式たたら操業


朝六時から火を入れる。
まずは雑木を燃やし、乾燥と炉内温度を上げる。
そのご、生焼けの炭(炎をあげて萌える)をいれ、さらに炉内温度を上げていきます。
そのご、鉄鉱石を砕いたものを入れ始める。
ケラの核になるもので、赤目砂鉄の代わりかな?
その間に、糊で固めた砂鉄30キロをテキトウに砕き、一回ごとに重さを量る。

砂鉄を入れ、炭を入れ、砂鉄を入れ、炭を入れ、ノロを出し、砂鉄を入れ、炭を入れ、砂鉄を入れ、炭を入れ、ノロを出し・・・・・・・



そして、十六時半にケラだし。
炉を解体して、出来たケラが6キロ
今回はいまいちうまくいかず、歩留まりが悪かったそうです。


スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/131-e70b3648

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top