装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹彫り終わり




竹の彫り、終了

片切り彫りは時間はさほど掛からない。
ただ、一気呵成に彫り進む必要があり、その辺が難しい所です。

まぁこれはナンチャッテ片切り彫りなので、やや時間が掛かり、だが、ちょっと心に余裕が持てます。


画像1はちょっとお遊びで指掛け穴を月のように塗ってみました。


SLDは非常に素直な鋼材で、彫りやすい。
まぁ当然である。別名金型鋼といわれるように、プレスの金型に使う鋼材です。
金型は細かい所はタガネで彫って作るわけで、タガネで彫りにくい鋼材だと仕事になりませんからね。
砥石の乗りも良く、砥の粉による磨きも素直に効きます。

やはりナイフはSLDが良いと思うなぁ。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/174-101e5be2

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。