装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

01/17のツイートまとめ

shigetsune

「キサゲ」の件、再度訂正します。フォロワの協力により、誤っているのではなく、どちらも使われるでした。古語の「刮ぐ(キサグ)」の連用形「刮げ」「削げ」が語源らしい
01-17 22:41

RT @co0co0a0: @taganeko @shigetsune 日本語活用形辞書辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書刮げ、削げ読み方:きさげ本来は刮げ、削げだったのが、それぞれの現場で変化したのでしょうね。
01-17 22:03

RT @snow774: @shigetsune  きっと当て字なんだと思う。『削』の1文字でキサゲと読ませることもあるから。語源は「きさ・ぐ(刮ぐ・削ぐ)」わりと古語みたい。
01-17 22:00

RT @co0co0a0: @taganeko @shigetsune 三省堂 大辞林三省堂きさげ [0]〔動詞「きさぐ(刮)」の連用形からか〕機械仕上げ・やすり仕上げを行なった金属面を削って,さらに精密に仕上げるための刃物。スクレーパー。単純に辞典からですが、この…
01-17 22:00

RT @taganeko: @shigetsune 見つけました。『日本の美術305 金工―伝統工芸』では“切下(生下)”となってます。ななこも魚々子とか魚子とこ納々子とか。人によって違いますよね。刀剣関係だけかはわからないです。
01-17 22:00

RT @taganeko: @shigetsune 僕も切下って覚えてました。何かにそう書いてあったなーと探したところ、光芸出版の日本刀の彫物では、『切さげ』と書いてありましたよ。あと10冊程見てみましたが、平仮名か片仮名表記でした。
01-17 22:00

先日のキサゲのツイート「切下」と、漢字を振っていたのですが、「装剣奇賞」「色彩彫金術」では「生下」と書いてキサゲと読ましていました。自分の覚え違いの可能性が高く、訂正します。 http://t.co/stF1OaRPQV
01-17 20:46

RT @mussuu: なんか凄まじい下着を見つけてしまった。攻めの誕生日に受けコレ着よう系・http://t.co/HD8gzRbiwM http://t.co/PCL1GxxiUV
01-17 20:28

RT @furutakatoyo: 「女生徒」の資料用のお茶の水高女生徒アルバムより。この木造校舎は震災後に建てられた応急の校舎であったことなどが判明。ちなみに「東京女子高等師範学校附属高等女学校」というとんでもなく長い名前が正式名でした。 http://t.co/n5Rb0N
01-17 12:13

RT @furutakatoyo: 個人的に超かっこかわいい制服 http://t.co/7r11tW0YVI
01-17 12:13

RT @furutakatoyo: カゼが治まったのでちょっと走ってきました。 http://t.co/rI6PlhiMG5
01-17 12:12

RT @nezumikootoko: 「モダン夫婦読本 昭和29年新年号」「漫画考現学 新婚夫婦の寝室」では、当時の新婚夫婦の部屋が、間借りの四畳半で家賃は2,200円。机兼食卓だったり、ズボンが寝押し中だったり、保健所でネズミとり器を貸し出ししていたこともわかる。 http…
01-17 12:02

RT @1972726f: 来年のお正月の長船刀剣の里研ぎ処予定! http://t.co/grbW8h5mrh
01-17 11:49

RT @acotepatisserie: @yamuchahanten どんな要望でも職人さんたちはうけとめてくれるはず。アコテのお守り刀をみてください。 http://t.co/xBfA8fC7j6
01-17 11:43

http://t.co/k7SWlu0MNE
01-17 11:21

http://t.co/eM26YFO7Vw
01-17 11:21

RT @furutakatoyo: 袴、たくさんの反応をいただけてアップしてよかったなー。 http://t.co/xFgdS9Alx0
01-17 10:26

RT @furutakatoyo: @houmeisya 襦袢の袖にレースをつけて袖口からちょっと出す(あとは脇隠しとしても)とかも昔からあったんですけれど、あまり知られていません。しかしこういう知られざる流行ということは案外たくさんあるように思われます。
01-17 10:25

RT @furutakatoyo: @cass_azs @adelie お茶の水女学校のベルトはこちらっ。昔は今より幅広でバックルも大きかったのですが、基本デザインは変わらないようです。 http://t.co/qHwQ73cPDR
01-17 10:24

RT @furutakatoyo: 少し質問をいただきましたが、短い袴とタイツというか膝上の靴下との組み合わせはこの自信過剰気味なお嬢さんの写真が判りやすいかなと思います。 http://t.co/y8hpb4l5U3
01-17 10:24

RT @furutakatoyo: 逆に極端に長い羽織も流行して。くるぶしぐらいまでの袴と変わらないぐらい長い羽織。袴だったか床だったかにちょっと足りない残念残念「残念羽織」と呼ばれて生徒指導の対象になったと言う。
01-17 10:24

RT @furutakatoyo: @furutakatoyo 自分はこの流行は洋装や改良服式の制服との混濁によるものと考えています。 http://t.co/tSWQR3M0Fa
01-17 10:23

RT @furutakatoyo: 大正時代に一部の女学校で普通の袴に比べて著しく短い袴が流行った時期があって稀に現物が出てくるのです。全般的な傾向としては若年層に多かった様子で甚だしくは膝上丈という例も。写真の海老茶袴も成年用の仕立てながら丈が60cm弱しかありません htt…
01-17 10:23

RT @47news: 速報:阪神大震災は午前5時46分、発生から丸20年を迎えた。 http://t.co/unWPguVP2x
01-17 09:49

スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/1757-1ff5f8c1

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top