装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即応予備自招集訓練に参加して

先月の22日、先任曹長からメールが

連隊からコラムの依頼があり、「即応予備自衛官招集訓練について」300から400字で、締め切り今月中!

むちゃな!デコメで可愛い絵文字使って、「無茶振りごめんね」といわれても、無茶ぶりすぎるだろっと。

400字までって言うのが短すぎて、きついよ。
つれづれなるままに、書いた文章をガツガツと削っていって・・・・
削りすぎて、文の脈略がなくなってきた。行間を読めといっても無理があるか。

最後には友人のひらやん氏http://homepage2.nifty.com/hirayan/に、「たすけて!」と泣きついて、手伝って貰い何とか仕上がった。

さすがプロ、自分の言いたい事(宣伝もw)を全部入れて、ちゃんと、つながっている。それもこんな短い文章で。 構えず読める文体(自分は何故かアジ演説調になることが多い)で一般向けだし。

__________________________________

私が日本刀に関わる「装剣金工」職人を生業に選んだのは、自衛官を志した動機と相通ずるものがあります。文明や経済が滅んでも、民族に連綿と受け継がれた文化が滅ばない限り、国が滅ぶことはありません。つまり職人技を継承することもまた、国を守る手段であるとの確信をもっています。

 昨年、即応予備自衛官に採用されたとき、人間関係が出来上がっている部隊に独り飛び込むのは不安でしたが、全くの杞憂でした。そこは「自衛隊」が好きで集まっている者どうしすぐに打ち解けることができ、懐かしい故郷に戻った気分でした。

 訓練は予想以上に高度で、常備隊員とほぼ同じ錬度を求められます。しかし弱音を吐く者はおらず、期待される錬度に近づこうと努力しています。
 今の自分を造ってくれた自衛隊への恩返しと、フランス革命以後の民主国家に於ける国民の権利である「国防」に参画するため、体力が続く限り即自と職人の二足のわらじを履き続けたいと思います。
________________________________________




今日の刀剣の里村長、ハナちゃん
110309.jpg

風呂敷を懸けてやったら、そのまま寝ていた。数時間後、頭だけ出てきた。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/966-73e2fa81

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。