装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

 平成21年に独立した刀に関わる職人の卵です。製作日記などを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OFF会の記録

11月4日
「12月13日にオフ会しよう」と決定。

11月5日
神田のレンタルスペースオーナーさんと話し、内覧し、借りることに決定。
参加者は20~25人だと思うから、この広さで充分と、見積もる。
同日夜、オフ会開催の件を告知する。

11月22日
友人にレンタルスペースに再度内覧に行ってもらい、入口やトイレの幅を確認。
オフ会開催と同じ曜日&時間、会場周辺がどのような感じなのかつかむため、内覧後オーナーさんと一緒に付近探索をしてもらう。

11月23日
別の中学時代からの友人が亡くなりバタバタとする。
自分は落ち込んでしまって何も手が着かない。

12月に入り、オフ会に必要な物を購入し始める。
日本刀鑑賞に必須なライトは自分が、食べ物、飲み物、布、クッション材等、こまごました物は、会場を内覧した友人が購入。

12月4日~12月8日まで、自分が自衛隊訓練のため何も動けず。
直前に年内に訓練を受けてくれと自衛隊より連絡有り、急遽だったため

12月11日(オフ会二日前)
「メイド・イン・ジャパンのカスタムナイフ」という本を急遽探してもらう。
「サイン本を作ればよいのでは?」という提案をうけ。
三冊購入してもらったが、都内大型書店ではもう在庫なし。

1800ごろ
刀剣の里出発、途中岡山でオイル交換をしてから高速に

12月12日(オフ会前日)
0500ごろ
神奈川県の友人宅に到着
即、OFF会について打ち合わせ

0800ごろ
ホームセンターへ
発泡スチロールの板&ブロックを大量買い。
ナイフ類を床にクッション材を引いて置こうかと思っていたが、
「問題ある」との意見を昨日もらったため、
床に台作ってそこに置いてもらおうと

1300ごろから
友人のナイフメーカーと仕事上の打ち合わせ
OFF会当日はゆっくり時間がとれない可能性があるので。(正解でした)

1600
友人のナイフメーカーたちと一緒にオフ会会場へ。
一緒に下見
ナイフの展示にはテーブルを使おう!ということに決定。
画像で見るよりもテーブルが大きかった。

オーナーさんのお店へ皆で入る。
オーナーさんのお宝を皆で見る。

1730ごろ
巣鴨で行われた刀装具の鑑賞会に出席

12月13日(オフ会当日)

0900ごろ
車に資材を満載して神奈川出発
友人は乗れなかったので、のちほど電車で移動してもらうことにする。

1050ごろ
友人とドラダイ氏会場に到着。
もうすでにkojirou虎徹氏と兜氏が会場で待っていてくださいました。
オーナー氏と椅子を廊下へ出す作業。

1100ごろ
到着 荷物をどんどこ下ろす。
会場設営
お手伝いしてくださる方々が続々到着し、皆で力合わせて会場作り!!

与三以上に早く終わりました。
ありがとうございました!!

1300OFF会開始

日本刀の鑑賞について、注意点を中心まず話し、その後各鑑賞刀について、持ち主から説明をしていただく。
日本刀の鑑賞が始まってから、ナイフについても同じように制作者&持ち主から説明をしていただく。
刀は約1時間で次の御刀に切り替える。
小田刀匠から作刀についてと機関銃対日本刀という番組について語っていただく。
細村研師より刀剣の研磨について講義していただく。

合計13振りでした。

1520ごろ
宴会準備のため海上の人口を減らすため参加者の一人でありオーナーである青井氏の店(一階)
である「宗正刃物」に移動。

予定より少しずれて宴会開始
宴会準備も参加者みなが手伝ってくれてあっという間に準備完了。
宴会の食事&飲み物も参加者が持ち寄ってくださり非常に品数多く豪華に。
とくにお重を持ってきてくださった女性と七面鳥を持ってきてくださった古川氏のおかげで
学生の宴会から、パーティのような雰囲気になりました。

1700
終了時間なのだが、あまりにも宴たけなわで、オーナーに申し入れ1時間延長。

宴会中に「メイド・イン・ジャパンのカスタムナイフ」に参加メーカー氏にサインをいただき、
また参加者より頂いたナイフの携帯ストラップをかけて
じゃんけん大会。


1800
宴会終了
余った食事、飲み物を「持って帰ってください」というと
参加者が皆もってくれて、ほとんど余らず

1830ごろ
政争狩猟

店の外でみなが結構たむろっている。
二次会に結構誘われたのですが、日曜日中に高速に乗ってしまわないと行けないため
どうもすみませんでした。

1900頃
神田をでる。

2030頃
神奈川の友人宅に到着
荷物を下ろし夕食(宴会中ほとんど食べていないため)
こちらでお借りした刀剣の手入れ

2200頃
神奈川出発

翌0900頃
岡山到着

参加者 41名(内女性9名)

内参加職人&ナイフメーカー

小田久山(刀匠 KUZAN)
細村正勝(研師)
田辺一寿(ナイフメーカー Silver Spooon)
古川四郎(ナイフメーカー)
二部幸夫(ナイフメーカー 平寿)
根本朋之(ナイフメーカー NEMOTO-KNIVES)
長友隼人(ナイフメーカー)
中山英俊(ナイフメーカー)
福田正孝(ナイフメーカー)
島田英承(ナイフメーカー)
平山晴美(ナイフメーカー)
青井尚之(販売店 宗正刃物 会場オーナー)
片山重恒(金工)

(順不同 敬称略)
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://shigetsune.blog.fc2.com/tb.php/994-28812527

この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ホーム

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。