装剣金工・刀身彫刻 片山重恒 修行日記

Category : 刃物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御刀オフ会 in 石川県美 報告

23日、石川県立美術館で友人の澤田氏が主催する
「天下五剣大典太と義弘、正宗他、加賀百万石の名宝をを見るオフ会」
に参加してきました。

0500 岡山から参加の友人とふたり岡山出発

1030 石川県立伝統産業工芸館着
到着が早かったので、加賀象嵌などの金工モノが展示されているのを期待して覗いてみました。
仏壇の金具を制作される錺職人が実演されていて、かぶりつきで見学
あんなに沢山切りタガネ、定鏨があり、それを組み合わせるとは知らなかった。
展示は残念ながら金工モノは少なかったのですが、錺職人に「平成の百工比照」展を教えてもらう。

1115 兼六園を大急ぎで眺めながら通過して、
150523-1.jpg

1130 お土産屋のようなところで蕎麦と治部煮を
150523-2.jpg

治部煮というものを初めて食べた。結構甘いと感じたのだが、他の店でもなのだろうか?
地元おすすめの店などで、おいしい治部煮という物を試してみたい。

1200 金沢21世紀美術館 「平成の百工比照」展
150523-3.jpg

織工、漆工、金工など様々な作品資料が非常に多数、展示してあり見応えがあるのですが、残念ながら時間無いので金工だけに絞って見学
本当に沢山の鏨、彫金教授用の手板、象嵌などの工程展示など、勉強になる。
金沢近郊の工芸に興味のあるかは是非いくべき

1300  石川県立美術館正門前集合
150523-4.jpg

石川県という場所で総勢26名と盛大なOFF会
それも女性が大多数と今迄では考えられない構成です。
東京からの参加の方も多い。新幹線効果なのか?
とうらぶの影響は大きいですね。

名物富田郷、名物太郎作正宗、名物大典太
いずれも非常に良い刀でした。
だがしかし、展示がイマイチ
鉛の上に展示するのは良くないという話を聞きますが、自分には分からないのでその点はよいとしても、角度が悪すぎる。展示位置が高すぎる。

展示する学芸員の方、もう少し刀のどこを見せるかを考慮して欲しい。
京都国立博物館での正宗展でも愚痴ったが、今回の大典太にしてもそうである。
172㎝の自分がつま先立ちをしなくては刃紋が見えない。
これでは背の低い人は刀の姿しかわからないのです。
富田郷は178㎝の友人が背伸びをするともっと素晴らしかったとのことで、非常に残念です。

長船の博物館は156㎝の方を基準に並べているのですが、矢張り背の低い方や、車椅子の方には良いところが見せられていないと悩みどころです。
以前、背の低い方用に、そのことを明示して数点おいたところ、腰が痛くなると苦情が結構来たそうです。
余り混んでいない展示であれば、踏み台と云う方法も有ると思っています。
ただ、展示室には金属製の踏み台は持ち込めない可能性も高く、踏み台自体を嫌う博物館も有ると思います。

具足や鎧櫃などは非常に素晴らしい物でした。
他の展示室に百工比照の全貌というものがあったのですが、気付くのが遅すぎてこれも金工の所だけ、大急ぎで。
釘隠とかとんでも無い技術とセンスです。

1500 移動
二次会会場の澤田亭へ
澤田氏の所蔵刀を見せて戴く。
矢張り手にとっての鑑賞が良いですね。

1700 移動
三次会会場の料理屋へ

2130 解散
0513 帰備 24時間で1000キロ!!
150523-5.jpg

流石に疲れた。

参加の方々、お疲れ様でした。
そして、主催の澤田様、どうもありがとうございました。

27年度 刀剣鑑賞OFF会 大阪

大阪にて刃物オフをやります。今回で7回目です。参加者募集!
大阪では初めてですので、やや試行錯誤になります。

昨年  http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1874.html
第五回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1672.html
第四回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html
第三回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1075.html
第二回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
第一回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-994.html

 
0620日(土)1000~
大阪歴史博物館講堂(詳細は参加表明者にお伝えします)
 
刀剣・刀装具等の鑑賞目的オフ
(今回は会場が狭いこともあり刀剣類に絞ります)
 
参加条件は
「初めて触れる日本刀 27年度版」刀剣鑑賞における注意点
  http://ux.getuploader.com/tsurugi/download/11/katana_kansyo.pdf
を熟読してくること。
 
今回ははじめての大阪での開催のため、OFF会なのですが、やや講座的な物も入れようと思います。
基本は刀剣と刀装具、金工金具の鑑賞です。
刀剣押し形体験、甲冑着付けなども予定しています。

1000~1100 スライドを用いた初心者講座的なもの 必須
1100〜1115 鑑賞マナーの説明 必須
1115〜1630 鑑賞会 & 懇親会 & 体験
1630〜1700 撤収
1730〜1930 二次会
 昼食などは交代でとってください、会場内は飲食が出来ません。
 初心者講座的なものとマナー説明は必須です。それ以外の時間は自由に会場を出入りしてください。
 会場が狭いため交代で博物館見学などと場所のシェアをするかもしれません。受付でグループ分けします。


鑑賞物をお持ちくださる有志の方を募集します。
日本刀・刀装具など
貴方の思い入れの一品(何品でもw)持ち寄り、鑑賞し合いませんか。
職人、作家の方々、趣味で制作している方々。
宣伝・相談もかねてどうでしょうか。

もちろん、自分は持っていないけど、見てみたい。という方も歓迎です。

 
参加費は2000円になります。
夫婦、お子様、お父上など家族のかたは2人目以降1,000円とします。
(生計を一にする事実婚のかたも含みます)

キャンセルも当日0900までに必ず連絡してください。
 


注意事項
・セキュリティの関係上、会場は参加希望者のみにご連絡しています。
・運搬の際は確実な梱包を。 事前に連絡していただければ
 主催者、片山重恒として、「鑑賞会のための運搬」と一筆かきます。
・白手袋を持参してください。
 用意できない方は事前に言っていただけると実費(100円)で準備します。
・着物の方はタスキになるモノを準備してください。
・同人誌の配布、作品等の売買は個人的に話し合ってください。自分は関知しません。
 値札を付けることは禁止します。
・会場内では名札を付けて戴きます。名札に名前(ハンドル、屋号、本名何でも構いません)を書いて戴きます。
 シール状になっているので外から見える胸の位置に貼り付けてください。(生地は傷めにくいものです)
・OFF会ですので、本名を名乗ってない人に本名を尋ねるのはマナー違反です。


受付 案内文
 

転載などは歓迎です。是非お願いします。
連絡先  片山重恒 090-1956-7198 tsurugi_works@mac.com

書きかけの文章ですので、内容が増えることがあります。直前に最終確認をお願いします。

二次会を大阪歴博付近の店でやります。90分飲み放題で4000円になります。

参加予定職方

片山重恒 彫金師
月山貞伸 刀匠
関山和進 研師
上野宏樹 白銀師
佐藤誠孝 甲冑師
澤田康則 刀剣絵師
太田崇史 彫金師
玉置城二 研師
平井隆守 研師

26年度 刀剣ナイフ鑑賞OFF会報告

11月22日
http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1673.html
にて告知した、今年で六回目になるOFF会、37名の方の参加を頂きました。

途中で声が出なくなり、司会を佐藤甲冑師にかわって頂いたのが助かった。
自分より圧倒的に上手い司会、来年からは初めから頼むかなぁ。
子供のころ、記事を読み大きく影響を受けた関根秀樹氏がこられ、話せたのが個人的には感動

煙管屋さんと参加者の彫金師が会場で知り合い、そこから仕事の話までいけたのが非常にうれしい。
このオフ会が仕事上でも出会いの場になってきたかな。

会場ではバタバタしていて、参加者個々とゆっくり話が出来ないのが残念です。
毎年同じ事書いていますが、会場の様子は参加者の方々のブログが詳しいと思います。

麻鳥氏
 http://blogs.yahoo.co.jp/gouyosihiro_3/12276901.html
ものずき氏
 http://monosuki.blogspot.jp/2014/11/blog-post_15.html
のきば氏
 http://blogs.yahoo.co.jp/toskieni_k/34135825.html
鬼軍曹氏
 http://yaplog.jp/vrz/archive/112
巴屋氏
 http://ameblo.jp/tomoe-ya-samurai-gallery/entry-11956129544.html
Ben氏
 http://blog.zaq.ne.jp/ben2ben/article/944/
シンヤ氏
 http://blogs.yahoo.co.jp/ysakura3928/19576036.html


会場の様子、画像はフォトジャーナリスト トム岸田氏撮影
20141122-002.jpg
20141122-003.jpg
20141122-005.jpg
20141122-006.jpg
20141122-007.jpg
20141122-009.jpg
20141122-010.jpg
20141122-011.jpg
20141122-012.jpg
20141122-013.jpg
20141122-014.jpg

恒例のじゃんけん大会景品、段々豪華になってきました。
20141122-015.jpg
20141122-017.jpg
20141122-020.jpg

初めて集合写真。
20141122-021.jpg

(拡散希望)26年度 刀剣ナイフ鑑賞OFF会 参加者募集

東京にて刃物オフをやります。今年で六回目です。参加者募集!

昨年  http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1672.html
第四回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html
第三回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-1075.html
第二回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
第一回 http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
http://shigetsune.blog.fc2.com/blog-entry-994.html

 
1122日(土)1400~
東京神田付近
(詳細は参加者表明者にお伝えします)
 
刀剣・刀装具・カスタムナイフの鑑賞目的オフ
 
参加条件は
「初めて触れる日本刀 26年度版」刀剣鑑賞における注意点
 http://ux.getuploader.com/tsurugi/download/7/初めて触れる日本刀.pdf
を熟読してくること。
 
1400~1730 鑑賞会(3時間半)
1730~1800 宴会準備
1800~2000 簡単な宴会(2時間)
 
鑑賞物をお持ちくださる有志の方を募集します。
日本刀・刀装具・古式銃・カスタムナイフ・オールドナイフ・金工作品など
貴方の思い入れの一品(何品でもw)持ち寄り、鑑賞し合いませんか。
職人、メーカー、作家の方々、趣味で制作している方々。
宣伝・相談もかねてどうでしょうか。

もちろん、自分は持っていないけど、見てみたい。という方も歓迎です。

今回、匿名のOFF会参加者が刀剣資料を造ってくれました。
 http://ux.getuploader.com/tsurugi/download/6/日本刀の初歩.pdf
刀剣鑑賞の基礎知識として役立ててくだされば幸いです。 

 
参加費は4000円以下を予定
(経費を人数で割るので、変動します。昨年は3500円でした)
夫婦、お子様、お父上など家族のかたは2人目以降1,000円とします。
(生計を一にする事実婚のかたも含みます)
 
宴会用の食べ物、飲み物などをお持ちくださる方、大大大歓迎です!
 
会場設営を1245から開始します。
設営を手伝ってくださるかた募集!
!注!
いつもお手伝いありがとうございます。
今回、1230まで別の企業が会場を使用しているため、早く来られても入室できませんし、動けません。
手伝ってくださるかたの集合は、1245でお願いします。

注意事項
・セキュリティの関係上、会場は参加希望者のみにご連絡しています。
・運搬の際は確実な梱包を。 事前に連絡していただければ
 主催者、片山重恒として、「鑑賞会のための運搬」と一筆かきます。
・会場への郵送、会場からの発送(ヤマト・佐川)も可能です
 送りたいかたは片山重恒に詳細を尋ねてください。
・白手袋を持参してください。
 用意できない方は事前に言っていただけると実費で準備します。
・着物の方はタスキになるモノを準備してください。
・同人誌の配布、作品等の個人売買は可能ですが、値札を付けることは禁止します。
・鑑賞会の後は全ての刃物を格納してください(例外は調理担当者)
・鑑賞物をお持ちくださったかたも他の展示が見たいのです。
 しかしながら、自分の展示スペースから離れ辛いものなのです。
 心優しいかた、『店番しましょうか?』の声をかけてあげてください。
 

転載などは歓迎です。是非お願いします。
連絡先  片山重恒 090-1956-7198 tsurugi_works@mac.com


追記
参加費について聞かれたので少し説明しますと、参加費は経費を人数割りしています。
経費は、会場代、食材費、鑑賞会資材で主に、会場代、食材費です。

食材費とは:基本的にオフ会なので、参加者皆が造り上げるモノなのでしょうが、宴会用として、一部食事を作って貰っています。
特に男に任せると持ってこなさそうな野菜類が主ですね。
あと、重くなるソフトドリンク、ビール類です。

作ってくださっている参加者も皆に食べて貰いたいと思っているモノは、自費で作っています。
持ち寄りが定着していきましたら、徐々に減らしていこうと思っています。

25年度 刃物オフ会報告

今年で五回目 38名の方の参加を頂きました。
初参加の甲冑師を喜んでくれた参加者の声を聞きました。
ナイフコレクターのなかでも、カッターナイフのコレクションが自分は一番面白かった。
会場ではバタバタしていて、参加者個々とゆっくり話が出来ないのが残念です。

毎年同じ事書いていますが、会場の様子は参加者の方々のブログが詳しいと思います。
せめて来年は展示された刀剣の種別と銘ぐらいは書こうと思います。

ものずき氏 「ものずきな人?・・・」
 http://monosuki.blogspot.jp/2013/11/blog-post_11.html
 http://monosuki.blogspot.jp/2013/11/blog-post_12.html
のきば氏 「博戯館工房日記」
 http://blogs.yahoo.co.jp/toskieni_k/archive/2013/11/10
かこ氏 「過去の日記」
 http://ameblo.jp/pashokon/entry-11683601371.html
巴屋氏 「日本の古美術、刀装具、骨董屋あれこれ」
 http://ameblo.jp/tomoe-ya-samurai-gallery/entry-11681037805.html
金井氏
 http://blogs.yahoo.co.jp/scagel009/25593887.html#25593887


会場の画像は全て、刀剣写真家 トム岸田氏の撮影です。

刀剣鑑賞会-001
刀剣鑑賞会-002
刀剣鑑賞会-005
刀剣鑑賞会-006
刀剣鑑賞会-007
刀剣鑑賞会-008
刀剣鑑賞会-009
刀剣鑑賞会-012
刀剣鑑賞会-013
刀剣鑑賞会-015

プロフィール

片山重恒/Katayama Shigetsune

Author:片山重恒/Katayama Shigetsune
.
装剣金工・刀身彫刻
という、刀に関わる職人の卵です。

Website: http://www.sokenkinko.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。